医療レーザー脱毛とは

CMや雑誌で広告を見ない日はない程、今や脱毛と聞いても特別珍しいことではありません。美意識が高い現代人にとって、男女問わず、ムダ毛処理は毎日のストレスになっています。しかしながら、脱毛機関も医療脱毛、サロン脱毛と大きく分けられ、また、脱毛機器も、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛等があります。正確には「脱毛」は減毛を繰り返す行為を指しますが、脱毛について興味はあるという方はたくさんいても、正しく理解している方はそれほど多くありません。脱毛は皮膚に直接作用させる行為です、安易に施術をして大きなトラブルにもなりかねません。ふと安い広告につられて、説明されるがまま契約をしてしまって後で後悔をしないようにする為にも、事前にしっかりと脱毛について理解を深め、自分の希望にあった施術を受ける必要があります。

医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いは、その照射パワーにあります。医療脱毛で使用される脱毛機器は、医療ライセンスを持った有資格者が施術を行う為、効果の高いレーザー機器を用いた施術が可能です。対してサロン脱毛の場合、資格がなくても施術ができるよう設計された、照射パワーの低い機械を使っての施術になる為、安全性は保たれますが、脱毛効果は医療脱毛に比べて低いと考えてよいでしょう。

一般的に、医療脱毛はサロン脱毛より少し割高に設定されていますが、高い効果が見込めます。では、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛について説明します。