レーザー脱毛の注意点

医療脱毛で使用されるレーザー脱毛器にも様々な種類があります。照射範囲の広さ、低刺激、冷却システム付き、部位によって向き不向き等それぞれに特徴がありますのでカウンセリングの際に確認するようにしましょう。

シャワー脱毛後の肌は乾燥に弱くなっていますので、保湿ケアをしっかりする必要があります。
施術後は強い紫外線は避け、日焼けしないように心がけましょう
また、当日のお風呂は控え、シャワーのみとなりますが、照射部位には強く当てないようにしましょう。
過度の運動やアルコール摂取も控えた方が良いでしょう。

照射部位が赤みやヒリヒリ感が残る場合がありますが、時間がたってもひかない場合はすぐに施術を受けた医療クリニックに相談してください。医療機関である医療クリニックでは、肌トラブルが起こった場合でもすぐ対応可能ですので、大きなメリットと言えます。
アフターケアについてもカウンセリングの際にしっかり確認をする必要があります。安さや簡単に聞こえる説明だけでクリニックを選んでしまうと、失敗して後悔する可能性もあります。最初のカウンセリングの際に、疑問点や押さえておくポイント等確認し、クリニックの雰囲気や対応等も含めて検討されることをお勧めします。


医療脱毛のメリット

レーザー脱毛器医療脱毛で現在の主流はレーザー脱毛です。
レーザー脱毛とは、毛の元となる毛根部分に特殊なレーザーをあて、熱でダメージを与えることによって新しく毛が生成されるのを抑制し、生えなくするという仕組みです。
毛根部分以外の皮膚細胞には影響を与えませんので、お肌を傷つけることはありません。
また、レーザーと聞いて強い痛みを連想される方も多いと思われますが、現在、痛みをほとんど感じないで施術できる脱毛機器も開発されています。

あるいは、麻酔クリーム等を使用する医療クリニックもありますので、痛みに対して不安がある方は、カウンセリングの際に使用される脱毛レーザー機器や麻酔について、事前確認をするようにしましょう。

医療脱毛はサロン脱毛に比べて割高ではありますが、レーザー脱毛機器の一度の照射パワーが強く、高い脱毛効果が期待できる為、何度も通う必要がなく、コストパフォーマンスは良いと言えます。サロン脱毛の場合は、一度の効果が低く、何度も通うことを考えれば費用も時間もかかってしまいます。ムダ毛が気にならないまでつるつるに脱毛するのか、ある程度なくなれば良いのか、予算や自身の希望に合った脱毛プランを見つけるようにしましょう。


医療レーザー脱毛とは

CMや雑誌で広告を見ない日はない程、今や脱毛と聞いても特別珍しいことではありません。美意識が高い現代人にとって、男女問わず、ムダ毛処理は毎日のストレスになっています。
しかしながら、脱毛機関も医療脱毛、サロン脱毛と大きく分けられ、また、脱毛機器も、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛等があります。正確には「脱毛」は減毛を繰り返す行為を指しますが、脱毛について興味はあるという方はたくさんいても、正しく理解している方はそれほど多くありません。
脱毛は皮膚に直接作用させる行為です、安易に施術をして大きなトラブルにもなりかねません。ふと安い広告につられて、説明されるがまま契約をしてしまって後で後悔をしないようにする為にも、事前にしっかりと脱毛について理解を深め、自分の希望にあった施術を受ける必要があります。

脱毛を受けた女性
画像引用 ‘医療レーザー脱毛|札幌中央クリニック

医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いは、その照射パワーにあります。
医療脱毛で使用される脱毛機器は、医療ライセンスを持った有資格者が施術を行う為、効果の高いレーザー機器を用いた施術が可能です。
対してサロン脱毛の場合、資格がなくても施術ができるよう設計された、照射パワーの低い機械を使っての施術になる為、安全性は保たれますが、脱毛効果は医療脱毛に比べて低いと考えてよいでしょう。

一般的に、医療脱毛はサロン脱毛より少し割高に設定されていますが、高い効果が見込めます。
では、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛について説明します。